のこのしまアイランドパークから能古渡船場までのアクセス・徒歩は可能?

福岡おでかけ
この記事は約3分で読めます。

のこのしまアイランドパークからフェリー乗り場の能古渡船場まで、徒歩で戻ってみました。その経緯や、かかった時間などについて紹介します。

能古渡船場⇆のこのしまアイランドパークは徒歩で行ける?

答えは、時間と体力があればYES!です。でも行きと帰りでは大変さが違います。

能古渡船場→アイランドパークへは、登り坂

なので、行きの能古渡船場→アイランドパークへはバスをおすすめします。

帰り道のアイランドパーク→能古渡船場は下り坂なので、行きよりはキツくないと思います。
歩くのも良い運動になるなと思えました。

アイランドパーク→能古渡船場のバスが満席のため歩く事に!

そもそも今回なぜ帰り道歩いて行ったのには事情がありました。
のこのしまアイランドパーク→能古渡船場への帰りのバス停へ出発時間に乗り場に着いたら、
バスが満席。
※土日は特に混雑が予想されるので、帰りのバスの時間には余裕を持って行く事をおすすめします。

次のバスまで1時間ほどあるので、歩いて能古渡船場へ戻ろうという事になりました。

のこのしまアイランドパーク→能古渡船場までの距離・時間は?

  • 総距離 2.9 km
  • 所要時間 40 分
    (標準の徒歩速度・時速5km)

マップを調べたところ、この情報でしたが、もっとゆっくり歩いたので大人でも1時間はかかりました。
私が行ったのは3月でまだ肌寒いくらいでしたが、良い運動になりました。
また、島から海の風景を楽しめました。

能古渡船の近くのカフェでひと息できる!

能古渡船場に着いたら、フェリーに乗るまで一休みするため、近くのカフェに寄ることにしました。

「能古島Hi-Lo Noco Market」(ヒロノコマーケット)です。
渡船場からすぐ見える、緑の建物が目印のおしゃれなカフェです。

今回はホットの日向夏を頼みました。能古島産の日向夏を使った発酵シロップ、レモネードのようなホッとする味でした^ ^

  • 営業時間 9:00~17:15
    フード11:00~
  • 定休日 水曜日
    ※営業時間・定休日は変更となる場合があります、店舗にご確認ください

能古島・オススメ持ち物

今回能古島に行った際に、あると便利だと思ったものを紹介します。

  • 飲み物
    島内で飲み物を買える場所は、コンビニはなく主に売店などになりますが、歩く時間も多いので、用意していくことをおすすめします。
  • レジャーシート
    芝生の上で寝転がったり休憩する際にあると便利です。
  • 帽子
    日よけに、特に夏場はとても暑いと思うので持っていた方がいいかもしれません。
  • 折り畳み傘
    雨が降りそうな時はもちろん、日傘としても使えます。
  • スニーカー
    歩くことが多いので、足元はスニーカーが無難でいいと思います。
  • 日焼け止め
    日陰がないところも多数あるので、日焼け止めは必須だと思います。
  • 羽織りもの
    季節にもよるかと思いますが、温度調節に脱ぎ着のしやすい上着などあると便利です。

のこのしまアイランドパークから能古渡船場までのアクセスまとめ

フェリーに乗ったりするのも楽しいですし、市内から少し足を伸ばせばいいちょうどいい距離感で、リフレッシュできるのでおすすめです。
土日は混雑が予想されるので、時間に余裕を持って行く事をおすすめします。

コメント